読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しき待ちぶせ(鬼)

 節分の日。

 所用を済ませに出かけると、そこに鬼がいたのです。

 それもかなりガチな鬼。

 赤い全身タイツに虎縞パンツ、スーパーサイヤ人みたいに逆立った金髪と、鬼の面。

 鬼は保育園の入り口にしゃがみ、へばりつき、突入の時を待っているようです。

 私も、他の通行人も、鬼を見て「フフッ」となりました。

 もうすぐ彼は勇ましくドアを開け、子供たちに豆を投げられ、ヒィヒィ言って退散するのでしょう。

 けれど。

 

 30分後。

 用事を終えて戻ると、まだ鬼はそこにいたのです。

 なにか、予定が押したのでしょうか。

 背格好と雰囲気から見て、鬼はまだ20~30代の男性に見えます。

 その傍らを、クリープハイプの「鬼」を口ずさみつつ通り過ぎる女子高生。

 やめてあげて……!

 

 

 【追記】

 私はセブンイレブン恵方巻きで節分の儀を済ませました。

 ちゃんと北北西を向いて、目をつぶって、願い事をしながら無言で食べきりましたよ!