読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるまちゃんとリコちゃん(または、過去からの呼び声)

 今日は、実家で母と過ごしてきました。

 二年前に父が亡くなったので、母は現在ひとり暮らし(でも猫たちはいる)。

 だいぶ父の遺品も片付いたな……と思ったら、何やら部屋の片隅に異彩を放つ者たちが!(写真参照)

 

 こ、これは……!

 だるまちゃんとリコちゃん!!

 

 〝だるまちゃん〟は、絵本「だるまちゃんとてんぐちゃん」の主人公で、私の大好きな人(だるま?)!

 なかでも、〝だるまどん〟(だるまちゃんのパパ)が勘違いして素っ頓狂なモノを出したとき「これじゃない!!」的に怒る表情がお気に入りで、母に「あのだるまちゃんを作って!」と要請、ぬいぐるみを作らせたのでした。

 母いわく、「こだわって、ボディはウールにした」そうなので、虫食いだらけですが、健在であったか……!

 

 今ひとり、右の子は〝リコちゃん〟といって、二歳児くらいの大きさの抱き人形。

 私が生まれたとき、お友達になるように(?)与えられたものですが、申し訳ないことに、私はリコちゃんが苦手だったのです。

 小学校に上がるまで、自分は男の子だと思っていたこともあり、リコちゃんとはほとんど遊びませんでした。

 長いことしまわれていた彼女を不憫に思った母が、古いセーターを手直しして着せ、どっから調達したものか、ドキンちゃんの靴下まではかせて再デビューさせた模様。ちなみに、ふたりの間にいるアザラシの出自は不明です。

 

 子供が小さかったころの思い出の品を並べ、ふっと安らぐコーナーを作りたい。

 おそらく、母はそう思ったのだと思います。

 それはいい。しかし……!

 

 次に訪れたとき、昔描いた少女マンガやらポエム集やらが並んでいたら、たぶん私、その場で絶命すると思うのです。

 

 ママ! お願い、やめてあげて……!!

 

 

 

f:id:mikiru:20170120215153j:plain