読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「お似合い電球」が切れました

 洋服とかメイクとか、ある日突然、似合わなくなってしまうことがあります。

 人に訊いても「え、別におかしくないよ?」と言われるのですが、昨日と同じにしてもなぜか居心地が悪く、しっくりこない。

 そういうことは、ないですか?

 

 わかったのですが、これは「お似合い電球」が切れてしまったからなのです。

 

 今まで魅力を引き出してくれた服やメイクの「お似合い電球」は、ある時ぱしっと切れてしまう。

 寿命を終えたのだから、いくらカチカチとスイッチを押し続けてもいいことはないのです。

 「お似合い電球」が切れたなら、また明るく照らしてくれる電球を見つけに行かないと。

 

 そんなわけで、今日は口紅とアイシャドウを新調しました。

 あたたかみのあるピンクベージュの口紅と、ライトベージュのシャドウにしました。

 私は獅子宮のBA(※)ですから、あまりぎらぎらと威圧感のないほうがなじむようです。

 またお似合い電球が点いたかな?

 

 そうそう、買い物はルミネ内のイセタンミラーでしました。

 ここはデパコスのセレクトショップですが、私のようにちょっと試してサクッと買いたい人にも、じっくりタッチアップしてほしい人にも使いやすくていい店です。

 店内は、華やいだきれいな女性がいっぱいでなんだかまぶしい。

 

 女のひとってほんとうに美しいものですね……!

 

※このブログの初回をご参照くださいませ。

 

【追記】

なんと! 昨日書いた「題名を知らずにモヤっている映画」が早々に判明しました!

72年のイギリス映画「ナイト・チャイルド」(マーク・レスター主演)だそうです!

教えてくださったひろさん、ありがとうございます!!