読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おばさん」と「聖闘士星矢」

 【「B」がイヤなら「A」!】

 

 2017年現在、日本から「おばあさん」は消えました。

 ポジションとしての〝祖母〟(ばぁば、おばあちゃん)はいても、お団子頭で杖をついた、〝おばあちゃんのぽたぽた焼き〟みたいなおばあさんは、もうどこにもいない。

いるのは、「おばさん」(現段階ではこう呼ぶ)です。

 

 昭和の時代、女性の呼称は、10~20代が「お姉さん」、30~50代が「おばさん」、60代以降は「おばあさん」となっていましたが、現在は体感的に10~30代が「お姉さん」、40代~80代は「おばさん」という感じ。

 80歳以降でも、唇がウメボシで、着物を着ていて、いかにもヨボヨボした「おばあさん」なんてほぼ皆無です。

 

 同じ「おばさん」くくりでも、40歳と80歳では40年もの隔たりがあります。

 この差異をならすため、~50代は「大人女子」、60代以降はようやく〝女子〟が取れて「大人」と呼んだりしますが、なんでこんなややこしいことになるかというと、それは「おばさん」という言葉の持つ蔑称感・おもしろ感・もの悲しさゆえ。

 

 ばかにするつもりはなくとも、「おばさん」と呼ぶと、なんだか滑稽な響きが出てしまうのです。

 

 たとえばファッション誌で、

「差し色を利かせて、クールなお姉さんっぽく!」

 的な文言は、別にアリかと思われます。

 

 でもこれが、

「差し色を利かせて、クールなおばさんっぽく!」

 となると、とたんにおもしろくなってしまうのです。

 クールなおばさん……。

 

 また、「おばさん」あるいは「女子」という言葉に対する嫌悪感の違いも、事態を複雑にしています。

 ある人が「スイーツは女子の心の栄養だよね♡」とか言うと、またある人は「いい年して女子とか言ってんなよ!」なんて言ったりする。そして、荒れる。

 もう、なんとかならんものか……。

 

 そこで思い立ったのがEnglish! 英語です。

 英語で「おばさん」はaunt(アウント)ですよね?

 「ステラおばさんのクッキー」(AUNT STELLA'S COOKIES)的な……!

 ババア、BBA、おばさん……「B」がイヤなら、アウントの「A」でよくない?

 

聖闘士星矢にあやかる】

 

 「聖闘士星矢」というマンガがあります。

 これは、女神アテナを守る聖闘士(セイント)たちの物語で、聖闘士たちは星座の守護を受けた聖衣(クロス)を纏って戦います。

 聖衣には、青銅(ブロンズ)、白銀(シルバー)、黄金(ゴールド)などのヒエラルキーがあり、例えば青銅の聖衣を纏う者は「ブロンズセイント」と呼ばれています。

 

 で、このたび私は、「おばさん問題」を「聖闘士星矢」にからめてしまえばいいと思ったしだいです。

 

 割り振りは、こんな感じ。

 

 ○30代=ジュニアアウント(JA・ジュニアアウント) 

 ○40代=ブロンズアウント(BA・青銅アウント)

 ○50代=シルバーアウント(SA・白銀アウント)

 ○60代=ゴールドアウント(GA・黄金アウント)

 ○70代以上=プラチナアウント(PA・白金アウント)

 

「まだ30代だけど、自分はアウントだと思ってる!」という人は、来たるべき本聖衣装着に向けた見習い「JA・ジュニアアウント」と位置づけます。

 

 女性が重ねてきた年齢を、宝石のカラットに喩えた「40カラット」という舞台がありますが(※大地真央さん主演)、そんな感じの見立てですかね。

 

 そんなわけで、私は獅子宮のBAであります。

 

 今年もよろしくお願いいたします!