読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せめて5分は待とうよ!の巻

 本日、余はココイチで海の幸カレーを食しました。

 てか、ベースをビーフソースにすると200㎉もアップするとか知りませなんだ……。早く言って……(;´Д`)

 で、しばらくすると隣席に50代後半とおぼしき男性がやってきました。

 チキンカレーのなんちゃらトッピングをご注文。

 

 で、約1分後。

 男性「ねえ、ちょっと急いでるんだけど。ここは時間かかるのかしら!?」

 えええええ(;´Д`)

 そこまで急いでるんならカレー食べる時間無いんじゃ内科医?(外科医でなく)

 と思いました!

 

 それだけの午後。

 写真はお気に入りのネズミくん(ボロボロ)とテイルス。

f:id:mikiru:20170411022157j:plain

 

たまーりん

 いやもう、今日は体感として10㎏くらいヤセたな!(個人の妄想です)

 ジャニーズがドヤ顔で導入した本格デジチケは、やっぱりというか相当なポンコツぶりで、ヲタを悲しくさせたのでした。

 入場開始たった10分で不具合発生! 30分近く足止め! 1時間20分押しで開演! チケットはあるのに座席がない! などなど、メドレー形式で起こるトラブル!!!!

 ヲタ、無事死亡……!

 

 なんかね、入場時、「今日はジャニーズのみなさんのコンサートを祝うりん!」的に盛り上げにやってきた〝たまーりん〟だけが本当にいとしくて……(;´Д`)

 たまーりんにはお付きの人がいて、〝たまーりん〟の名刺もくれたのです。

 ありがとう、たまーりん!

f:id:mikiru:20170409004241j:plain

 

夜桜と幽霊

 「花散らしの雨で週末には桜がヤバイ」と皆が言うので、夜桜を見てきました。

 川沿いで酒盛りができるような場所ではなく、そぞろ歩きをしながら花を眺める人がほとんど。

 夜桜は色気があっていいですな。

 

 で、帰り道、ふと見つけたバーに寄ってみますた。

 元IT企業勤務で、バーテンに転身したお兄さんがシェーカーを振るう店はなかなかいい雰囲気。

 ただ、比較的デンジャラスな地域にあるので、「こわい人とか来ませんか?」と尋ねると、「こわい人は来ませんが、オバケが出ます」ときたw

 お兄さんが店のカウンターでうとうとしていたら、端から2番目の席に美しい女性が座っていて、こちらを見ると数秒で消えてしまったとか。

 えええええ(^◇^;)

 まあ私、そういうの見えないからいいや(o´∀`o)

f:id:mikiru:20170407002821j:plain

現行犯(未遂)

 これがその……!

 何が気に入らないのか、「流しでおしっこしてやるぜ!」ってやってきた、たんとです。なんという極悪顔。

 すぐに下ろしましたけどね。

 悪い子だ~!

 

 てか、今、2冊のまったく違う内容の本を並行して書いております。

 うち1冊は、私自身のことを書いているので、なんとなく似たような状況の方の参考になったらいいなぁ……。

f:id:mikiru:20170405003643j:plain

先客を逃がす

 リップクリームを買いに行きまして。

 ひとりしかいない店員さんは、先客を熱心に接客中。

 私は買う物が決まっていたので、しばらく待っておりました。

 私に気づき、「少々お待ちください」と先客から離れる店員嬢。

 私の応対をしたのは、ほんの1~2分だったと思います。

 なのに。

 その隙にスルンと去る先客。

 私はよく、店員さんがせっかく捕らえた獲物をリリースさせてしまう模様。

 ……とりあえず自分が買ってるからいいかな(^◇^;)

 

 

あげないよー!

 たんとは、気に入らないことがあると嫌がらせをするクソ野郎です。

 たっぷりご飯を食べたのにまだ欲しがるから「あげないよー!」と言うと、キッチンに駆けていって流しのフチに座り、「ご飯をくれなきゃおしっこしちゃうよ?(チラッ)」という顔をするのです。

 ひとりハロウィンかお前は(^◇^;)

 でも、弟テイルスに叱られるとすごすご諦めるヘタレちゃん。

 可愛いw

f:id:mikiru:20170331231648j:plain

 

どこのカギなのこのカギは

 私はキーホルダーに2つのカギを付けています。

 それらは、ごく自然に私と共にあります。

 なぜ、そんなことを思ってしまったのか。

 昨日、「私って、カギを2つ付けてるよなぁ」と、なんとなく思ってしまったのです。

 一つは、家のカギ。

 そして、もうひとつは……もうひとつは……えっ、もうひとつは……。

 い っ た い ど こ の か ぎ で し た っ け ????

 

 やばい、これどこのかぎだかわからないいいい!

 

 なぜなら、おそらく私はこのカギを一度も使ったことがないのです。

 もし使っていたとしても、軽く5年は前のはず。

 ええええええ?

 スーツケースとか金庫とか、その手のカギではありません。

 部屋のカギにしては真剣味に欠ける感じ。

 でも、常に持ち歩いているなら、きっとどこかの家のカギ?

 どこだよおおおおお?

 

 私は二重人格で、もうひとりの私が秘密の部屋でも持っているのか?

 それとも……?

 ああ、なんとか謎を解かねばなりません。

 私って、カギを2つ付けてるよなぁなんて、マジマジと思わねばよかった~。

 (たぶん、ボケてはいないと思いたい(o´∀`o))